公認心理師を目指して

公認心理師養成に特化

2017年9月に公認心理師法が施行され、心理専門職の初めての国家資格である公認心理師が誕生することとなりました。国家資格として心理専門職の職能と責務が明確化され、保健・医療をはじめ、福祉、教育、司法、産業など、幅広い現場での活躍が一層期待されます。本学では、このような社会的要請に応えられる確かな知識と能力を持つ人材の育成を実現するため、確実に公認心理師資格を取得できる力を身につけることを目指しています。

充実した実習体制

1年次の前期から2年次の後期まで、法律が定める学外実習時間を超える充実した学外実習を行う体制を整備しています。特に医療分野では、精神科と神経内科の双方での実習が体験できます。学内実習と学外実習を並行して行い、ケースに関する心理学的理解と支援の実践的技能を中心に、多職種連携や地域連携などを含めて、心理専門職の実践活動について必要なことを段階的かつ組織的に学修します。

現役で活躍している医師から脳科学の最先端分野を学べます

神戸学院大学の心理学研究科には、神経内科、精神科の医師として活躍している教員も在籍しています。日々患者さんの治療にあたっている中で得られた知見を授業にフィードバックし、脳機能に障がいを生じる病態メカニズムや治療法の改善などについて、最新の知識を教わることができます。また、病院など医療機関や高齢者の福祉施設などにおける実習を行い、多職種と連携・協働の実際を学びます。

授業の学びを実際に活かせる施設

子育てサロン

大学院教育の場として『子育てサロンまなびー』を開設。子育て世代の多い神戸市西区で大学内のプレイルームの開放をベースに週1回の特別プログラムを実施しています。

心理臨床カウンセリングセンター

学校や職場、家庭における人間関係の問題や不安などに対応するために2007年に開設されました。専任のインテークワーカーとカウンセラーが常駐しています。

> 心理臨床カウンセリングセンター