臨床心理学実習「ひょうご冒険教育」

学びのトピック
2018.12.24

大学時代の仲間関係が育まれるのは、教室の中だけではありません。臨床心理学の校外実習「ひょうご冒険教育」では、からだの動きを使った様々なゲームに挑戦します。ゲームをクリアするには,言葉のコミュニケーションだけでは不十分です。相手の動きを読み、心を合わせてからだを動かし課題を乗り越えることで、昨日までとは違った友達の一面が見えてきます。そしてこの経験は、他者を理解し、関係を構築するコミュニケーション力になっていきます。