学部長ごあいさつ

こころの科学を学び、生活に生かす
~社会に生きる心理学へ~

心理学は、日々の生活で起きるさまざまな行動や活動の背後にある「こころ」の働きを、自分一人が納得すればよいのではなく、できるだけ多くの他者が理解できること、すなわち科学的にこころを理解しようとする学問です。科学的にこころを理解することで、友人や家族、同僚との関係に悩む、気分が塞ぎがちになる、あるいはお客様に楽しんでいただくといった社会で直面する課題を整理し、その解決に向け、私たちの行動や生活を見直すヒントを与えてくれます。心理学を学ぶことは自分を見つめ直すのに有益でありますが,それに止まらず、幸せで充実した暮らしを営むのに有益な手がかりを与えてくれます。心理学は社会に生きる学問です。

社会に生きる心理学を学ぶため、心理学部では、専門分野の第一線で活躍する教員・スタッフや多彩なカリキュラム、最新の充実した施設を用意しております。また、大学院に進学し新たな国家資格である公認心理師を志す人にも、社会のさまざまな現場で心理学がどのように必要とされるのかを学ぶための豊富で充実した授業・実習などのカリキュラムを用意しています。公認心理師を目指すには、医療現場での学びが必須です。本学では精神科や認知症などを扱う神経内科で診察を行う医師が、専任教員として心理学部の授業や実習を担当します。こうした臨床現場で医療に従事する医師が指導する実習に参加できることも本学部の特色です。

心理学部は、こころに関する疑問を科学的に理解し、こころのさまざまな有り様に寄り添い、暮らしやすい社会を実現するため、さまざまな職場で活躍する人を社会に送り出すことを目指します。学生一人ひとり、それぞれの可能性を拡げるきっかけを提供します。本学部での体験・経験を踏まえて「この大学で成長した」と実感できるよう教職員が全力で皆さんをサポートします。

神戸学院大学 心理学部

学部長  秋山 学

Dean  Manabu Akiyama